『Over the Rainbow』〜虹の彼方に〜


先週、福ちゃんの散歩時に、虹を見ることが出来ました。


そして、その虹が最後にKIZUNA HOMEに行ったのです。


虹を見ると、何故か心がワクワクして来ます。


そして口ずさむ歌が『Over the Rainbow


Somewhere over the rainbow Way up high There's a land that I heard of Once in a lullaby

虹の向こうのどこか空高くに 子守歌で聞いた国がある


Somewhere over the rainbow Skies are blue And the dreams that you dare to dream Really do come true

虹の向こうの空は青く 信じた夢はすべて現実のものとなる


Some day I'll wish upon a star And wake up where the clouds are far behind me Where troubles melt like lemondrops Away above the chimney tops That's where you'll find me

いつか星に願う 目覚めると僕は雲を見下ろし すべての悩みはレモンの雫となって 屋根の上へ溶け落ちていく 僕はそこへ行くんだ


Somewhere over the rainbow Bluebirds fly Birds fly over the rainbow Why then, oh why can't I?

虹の向こうのどこかに 青い鳥は飛ぶ 虹を超える鳥達 僕も飛んで行くよ


作詞・作曲者は、当時ヨーロッパで苦境に立たされていたユダヤ人。


どんな苦境にあろうと、明るく前を向いていく姿勢に感銘を受けます。


歌詞を知らなくても、そんな気持ちにさせるのは、作事・作曲者の魂の賜物なのでしょう。


そう思うと、ちっぽけな悩みや天気の良し悪しも大したことない、


明るく行きましょうぜってなりますよね。


Somewhere over the Rainbowの一つは、KIZUNA HOMEワンコin食堂


今日も素敵な誰かが来てくれるかもしれません。

閲覧数:35回