あなたは何によって憶えられたいか?


私が13歳のとき、宗教の先生が、何によって憶えられたいかねと聞いた。


誰も答えられなかった。


すると、今答えられると思って聞いたわけではない。


でも50になっても答えられなければ、人生を無駄に過ごしたことになるよといった


これは、ドラッカー名著集『非営利組織の経営』に出てくるあまりにも有名な問いです。


起業家、経営者、役員などがよく使う言葉であり、凄く立派な答えを持っている人もいます。


私も自分なりの答えを持っています。


ただ最近、人生そんなに努力したり、頑張り過ぎなくてもいいのではと思うようになりました。


昭和、バブル、平成世代の人は、親や先生や会社の上司・先輩から


「努力しないとダメな人生になる」


「もっともっと頑張れ」


と言われ、頑張れない奴はダメな奴と烙印を押され、落ちこぼれていきました。


でも今は、頑張るより顔晴るがピッタリきます。


頑張るって、


困難にめげないで我慢してやり抜く。

自分の考え・意志をどこまでも通そうとする。


を張ってるんです。


それでは疲れてしまいます。


我を張らずに、顔晴る


顔が晴れる。 つまり、笑顔でがんばりますっ!


楽しくない事を無理して我慢してせずに、楽しい事をしてワクワクする。


そちらの人生がいいと思いませんか?


仕事は何もお金を稼ぐだけでは有りません。


主婦の仕事も立派な仕事ですし、ボランティアも素晴らしい。


KIZUNAの福ちゃんは、怪しい人が来たら吠えて、しょうさんと散歩をして癒しを与えています。


保護子猫11匹は、寝て食ってウンチし、我々にミャーミャー可愛い顔で癒しを与えています。


活き活きとしてる人は顔が晴れやかで、人もペットも一緒です。


頑張る人は眉間に皺がより、疲れています。


ペットや明るい主婦を見習い、顔晴りましょう。


そういう気持ちで顔晴る人が増えたら、


「アールイズウェル」(英語:ALL is Well)


きっとうまくいく」*インドコメディ映画の『きっと、うまくいく』は超おすすめ映画です


になります。


閲覧数:22回