ツーピザチーム




今朝の日経新聞社説の記事は、新型コロナの時代に生き残れる企業の条件が書かれていた。


変化の振れ幅が大きく、先の見通しにくい今の時代に企業が頼るべき指針は何か。


ピーター・ドラッカー氏はかつて「文化は戦略に勝る」と述べたが、この言葉に再び脚光が当たっている。


経営者が緻密な戦略や計画をたてても、情勢の思わぬ変化で、その戦略は陳腐化したり、的外れになったりする。


逆に組織に「良きカルチャー」が根付いていれば、環境が一変しても、企業は強みを保持できるだろう。


例えば米アマゾン・ドット・コムには「ツーピザチーム」という言葉がある。2枚のピザでみんなの食事が足りるぐらいの小さなチームをつくり、そこに必要なスキルをもった人材と権限、予算を与えれば、イノベーションが奔流のように湧き出してくるという。


これだ!


これだ!


しょうさん福祉業界で私がやりたいのがこれなんです。


始めたはいいけど人が集まらずに撤退する福祉事業者。


就労もグループホームも利用者が集まらないと赤字が続き、撤退せざるを得なくなります。


なぜ集まらないのか?


理由は幾つもあります。


立地の問題?


私はコンサルタント チームに、


「茂原駅前」の就労も

「長南町」のグループホームも


立地が悪いので、もっと人口の多い千葉市やせめて市原市にと言われました。


責任が取れないとまで言われました。


でも結果は関係なかったです。


経営者の問題?


新規参入組は元々福祉業界の方の方が多いと思いますが、


業界経験や経営者の経験よりも、


経営理念が最も重要なのでは、と私は思います。


話を戻して、良きカルチャーです。


しょうさん福祉業界はどうでしょうか?


新参者から見ると、


真逆の悪しきカルチャーの塊に見えます。 (同業界の方には申し訳ございません)


理由は、


言葉ややり方が昔のまま。(障害、施設、先生、工賃、etc)


社会福祉法人やNPOと言いつつ、経営者は利益優先で、


スタッフを最小限にしたり


給与が安い上にサービス残業が多かったり


食事やサービスの質が良くなかったり


これでは利用者の為では無く何の為の福祉事業なのでしょうか


我が社は、極力社員に権限を移し、アイデアが湧き出るような会社にしたいと改めて思いました。


リモートワークや


ワンコと働ける職場


最愛のペットとの思い出を残せる職場


アイデアが尽きません。







68回の閲覧