トレイル・ブレイザー


セールスフォース・ドットコム創業者のマーク・ベニオフが書いた「トレイルブレーザー」という本を読んでいる。


「先駆者」という意味だ。


IT業界では著名ですが、会社も創業者もマイクロソフト、Amazon等と比べるとご存じない方が多いと思います。


セールスフォース・ドットコムは、1999年にマーク・ベニオフがサンフランシスコで創業。


CRM(顧客関係管理)を中心にしたクラウド・コンピューティングのパイオニアである。


わずか20年で5万人を超える社員を有するGAFAに続く存在のメガベンチャーである。


フォーブス誌「世界で最もイノベーティブな企業」、フォーチュン誌「最も働きたい企業」「世界で最も称賛される企業」などでも上位を獲得している。


そして同社では、社会への貢献がミッションとされており、


善き行いと成功はビジネスの必須要素であり、バリュー(価値観)は世界を変えるための最も強力なエンジンになる。これを牽引するのが、トレイルブレイザー(開拓者)なのだ」


新型コロナで殆どの企業が減収・減益、中には倒産する会社が増える中で、


急激に業績を伸ばしている企業がある。


この差は何なのか?


リモートワークでZoomなどのIT企業が伸びているのは偶々なのでしょうか?


私は、マークベニオフの言う


「善き行い」と「バリュー(価値観)」


を持っている会社が今後も生き残り、伸びていくと共感しています。


あなたの近所やネットで残っているお店・畳んでしまったお店もそうではないでしょうか。


しょうさん業界でも必ずそうなると確信しています。


本当にしょうさんのためのお仕事や給与を与えているのか?


スタッフは満足しているのか?


しょうさんの為の住居と家賃設定になっているのか?


国に依存した(生保、しょうさん年金)計画を建てていないか?


この様な会社、NPOは長く続かないと思います。


その為にも、この業界にトレイルブレイザーがどんどん参入して欲しいです。


私もトレイルブレイザーの一人として頑張っていきます。

90回の閲覧