ワクワクの仕事始め


多くの企業は本日から仕事始めではないでしょうか。


私が32年勤めていたIBMでは、1月1日で組織・人事異動があり、毎年の仕事始めは


組織や上司や仲間が年始に毎年入れ替わるという会社でした。


いい事があっても、悪い事があっても、毎年年始にはリセットされ、


新たな気持ちで仕事を始められるという意味では、仕事始めは毎年ワクワクしていたものです。


起業し全く別の業界になりましたが、その気持ちは変わらずというより寧ろ、ワクワク感が強くなりました。


と言うのも、障がい者福祉事業&不動産事業でスタートしました合同会社KIZUNAは、


今年新たに、老人福祉事業(サービス付き高齢者向け住宅)、地方創生事業(グランピング&自給自足


をスタートするからです。


いずれも、企業理念に基づいた事業で地域貢献の一環です。


サラリーマン時代は毎年年初に目標を掲げていましたが、実現する事が殆どできていませんでした。


起業してからは、全て実現できています。


昨日も食堂にいらっしゃったお客様が


サービス付き高齢者向け住宅のスタート時期について熱心に質問をして頂きました。


そう、地域の期待があるのを実感しているからこそ、必ずやろうというモチベーションになります。


お金儲けだけのモチベーションでは、中々直ぐにやろうと言う気にはなりません。



想いの種をまき、行動を刈り取り、

行動の種をまき、習慣を刈り取る。

習慣の種をまき、人格を刈り取り、

人格の種をまき、人生を刈り取る。


は、自助論天は自らを助くる者を助く」で有名な作家サミュエル・スマイルズの言葉です。


ここまでの心境にはまだまだ至りませんが、今年は


老人福祉事業(サービス付き高齢者向け住宅


地方創生事業(グランピング&自給自足


をスタートさせ、高齢者とご家族、自給自足の地方移住希望者に夢と安心をお届けします。







閲覧数:40回