top of page

万病の原因は、一元である



病気の原因は何か、万病は一元、一元っていうのは一つの元であるっていうことね。


医学の祖であるヒポクラテスって方が言ったんですけど、その人に言わせると、万病は血液なんだ。

血液がきれいなら、正常な血液が流れれば正常な細胞ができる。


で、正常な細胞ができれば正常な体ができる。


だから、一心にしてこれ血液なんであるっていう話をしたんだよね。

え~、ところがあの、漢方の方でも万病一元論っていうのがあって、一つの原因だって言われてるの。


その一つの原因っていうのは何ですか?っていった時、それは腸の汚れである。

で、ヒポクラテスが言ってる血液であるって言うんだけど、血液が何で汚れるかっていうと食事であるっていう考えだったんだよね。


でも、漢方の方では万病は一元で、どんなにいい物を食べても腸が汚れてては、汚れたものと一緒に吸収してしまう。

だから、腸の中をきれいにしなきゃいけない。


もちろん、食事のバランスを摂るっていうことも大切なんだよ。


だけど、それを腸の中をきれいにしていかなきゃいけないよっていうのが、漢方的な考え方で宿便をとるとか古便をとるとかって言い方をするんだけど。。

ちょうど水道が断水になると、水道の水ってきれいだよね。


ところが断水になると水垢みたいなのがいっぱい落ちてくるのね。


それって水道のところに水垢みたいのがこびりつくのが、断水することによって剥がれるんですよ。

それと同じことを利用してるのが、あの、断食療法っていうの。


で、断食をした便ってね、食べてないのにこんなに出るのかってくらい出るんですよ。


7mの中にこびりついてる便があるんです。

で、それが出てっちゃうと、すごく体の調子が良くなるよっていうのが、漢方でいうところの万病一元論。


で、私はずっとこれを通常の食事をしながら、食事のバランスをとりながら、それが出せないだろうかっていうことを考えてきたんです。


これが、斎藤一人さんの説です。


極めて説得力のある説だと思います。


病気になるのは原因があって、理由は血液であり、腸であり、つまり食べ物であると。


食べ物が体を作り、病気の原因でもある。


戦後、成人病で亡くなる人が増えたのも食事。


ガンで亡くなる人が増えたのも食事。


極めて説得力があります。


食事に気をつけて、ストレスなく生活すれば、病気は有りませんよ。


バランスの取れた食事をしていきましょう。



ความคิดเห็น


bottom of page