保護猫の寅とさくら

保護猫の寅

さくら


先週のキッチンカーイベント時にお客様より捨て猫2匹を預かりました。


猫大好きスタッフが一目惚れして引き取らせていただくことになりました。


オスのとメスのさくらです。


恐らく生後1ヶ月の捨て猫です。


どうですか、この愛らしい子猫


どうしてこの可愛い子を捨てる気持ちになるのか、私には理解できません。


大ちゃんもそうでしたが、長南町では広い一軒家に猫を捨てる人が後をたちません。


引き取り手が現れれば幸いですが、今でも県に預かられて致死処分される犬・猫が毎年1,000頭を超えています。


関東圏ではダントツに多いのが千葉県です。


チーバくんはワンコなのに泣けてきます。


KIZUNAではこれからも極力保護犬・猫は引き取りHOMEで飼うか、譲渡会で里親にお譲りしていきます。


幸いワンコin食堂にいらっしゃるお客様は動物ラブな方が多いからです。


捨てる神あれば、探す神ありで、先日


友人の友達が飼っていた愛犬【くうちゃんが逃げてしまいました】と連絡がありました。


7月17日16:30頃、千葉県長柄町国府里(茂原側)の家の庭先からくうちゃんが逸走してしまいました。


【特徴】 ・薄茶色の被毛、しっぽの部分のみほんのり黒い模様あり。 ・MIX中型犬、体重14㎏ ・後ろ左脚を切断しており、3本脚の子です。 ・非常に臆病で全く人慣れしておりません。もし見つけても声をかけたりせずにお知らせください。 ・ハーネス、首輪を振り払っていってしまったため、何もつけていない状態です。 ・多分目の前の草藪に逃げ込んでいると思われるのですが、いまだ発見に至っておらず。


【名前】くう 【年齢】5歳

【性別】メス(不妊手術済み】


もし見掛けられましたら、ご連絡ください。


よろしくお願いします!


38回の閲覧