偉い人間になんかならなくていい。立派な人間になれ


大好きなボクサーであり俳優のガッツ石松さん。


世界チャンピオンのファイティング原田さんに憧れ、就職した会社を辞めて、上京する時にお母様から言われた言葉。


「もう一回東京へ行ってくるぞ」と言うと、おふくろは泥だらけの手で前掛けのポケットをゴソゴソやって、


一枚の千円札をくれたんだ。日当が当時240円だから千円といったら大金ですよ。


俺がいつも悪さばかりしていたから、「サツ(札)はサツでも、警察のサツは使えねえぞ」と言ってね。


そして、ハラハラと涙をこぼしたかと思うと、


「偉い人間になんかならなくていい。立派な人間になれ」


と言った。


うちのおふくろさんは学歴はないけど、やっぱり苦労を重ねて生きてきた人だから言葉に力があったよね。


すっと心に沁みて、それはいまも忘れない。


結局、その時もらった泥のついた千円札はずっと使えなくて、いまでも大切に持っていますよ。


------------ガッツ石松


人よりも上に行くことより、自分を大切にし、他人にも優しく、地道に生きて欲しい


母親の愛を感じさせる素晴らしいお言葉です。


グループホーム・キズナに住んでいるしょうさんのご両親も同じ気持ちです。


偶々、障がいを持ってしまったけれど、


自分を大切にし、他人にも優しく、地道に生きて欲しい


そう願っています。


ガッツさんも、しょうさんも程度の差はあれど苦労をされてきた人。


だからこそ、人に優しい。


そんな優しい人を応援していきたい。