愛犬と星Fullグランピング


昨日、宣言した


愛犬と星Fullグランピング


について少しお話しします。


何故、この施設を作ろうとしているのか?


色んな点の要素が線になり、決断しました。


・長南町の地方創生をしたく、色んなアイデアを考えていた


・長南町に宿泊施設がなく、KIZUNA HOMEで民泊を予定していた


・新型コロナの死者数(9,079人)より自殺者(21,081人)が多く、昨年は912人増(4.5%増)特に20代の若者が増えている


・障がい者雇用をもっと増やしたい


・長南町には休耕田、休耕畑が多い


・長南町には里山が多く、維持のための竹伐採が出来ていない


等々から閃いたのが、


このグランピング施設です。


・生きる希望を失った若者としょうさんが働く場


・休耕田、休耕畑で農業をし、自給自足する


・放置された里山の維持管理をし、建築資材を無償で入手し


・広大なキャンプ場で自分達の住む家を建て


・グランピングの運営をする


・敷地内にベーカリーを作る


・保護犬もここで何匹も預かり、ペットと共に過ごす


・電気は太陽光、水は井戸水を掘る


・土地値も安く、建築コストも"0"に近く、人件費も高く無いので、格安のグランピング料金


・ペットも勿論大歓迎


格安の固定費(家賃"0"円、水光熱費"0"円、食費"0"円)で


農業・林業という一次産業の仕事で地域貢献と働く喜びを得て


愛犬と星を見ながらの生活をする


そして、ここに集まった仲間と地方創生の為の学校で共に語り合い


自分のやりたい仕事を考え、起業する


その為には、


・最適な土地の入手


・若者としょうさんの募集


・建築と農業の指導員


・休耕田・休耕畑の入手


・農業器具、建築器具の入手


等々やる事が盛り沢山ではありますが、必ず実現させます。


このモデルが出来れば、他の過疎の町・村にも横展開も出来ます。


これぞ、地方創生のモデルケースです。