泣きたくなるような夕日


母の遺骨を収めてから2年ぶりに実家である新潟に帰省しました。


大雨で諦めていた夕日を奇跡的に見ることができました。


見て下さい! この夕日!


そっと沈んでいく夕日を見ていると、泣きたくなるようなキモチになります。


学生時代は毎日のように海に行き、毎日のように眺めていた夕日。


何度見ても泣きたくなるような切ないキモチになりました。


悲しいではなく 切ないキモチ


千葉県では見ることができない夕日です。


大学生まで過ごした新潟に帰り、新潟は本当に何でもある町だと実感しました。


海の幸 山の幸 美味しいコシヒカリ


海 川 山 多大な観光資源


温泉 旅館 ホテル


大きなコンベンションセンター 大きな大学 大きな病院 


人口減が大きい町ではありますが、PR次第でまだまだ復活可能です。


それに比べて長南町は新潟にあるものが殆どありません。


30年前でしたら、絶対に選ばない町でした。


今は何もないからこそ素敵だと思える町です。


人間本来無一物


何も無い有り難さを感じさせる旅になりました。