消費期限と賞味期限は、何が違うのでしょうか?


食品の中には、「賞味期限」や「消費期限」が表示されているものがあります。

この食品の期限とは、

  • 「袋や容器を開けていない状態」で、

  • 書いてある「保存方法」を守って保存すると、

  • 「いつまでその食品を食べることができるのか。」

ということを意味しています。


賞味期限は、以下の3つのポイントで表現できます。

  • 賞味期限は、その日付までは「品質が保たれ、おいしく食べられます」という期限です。

  • 賞味期限は、品質が悪くなりにくい食品(缶詰、冷凍食品、スナック菓子)などに表示されています。

  • 賞味期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。

消費期限は、以下の3つのポイントで表現できます。

  • 消費期限は、「その日付までは食べることができます。」という期限です。

  • お弁当や生肉など、品質が悪くなりやすい食品などに表示されています。

  • 消費期限をすぎた食品は、食べると食中毒などにつながることがあるので、食べるのはやめましょう。

では、キズナ・コーヒーで販売している珈琲豆は、どちらの期限になり、どの位の日数なのでしょうか?


珈琲豆は生鮮食品ですが、直ぐに品質が悪くなる食品ではない為、賞味期限を用いています。


焙煎した後のコーヒー豆の賞味期限ですが、製造メーカーによってかなり期間に幅があります。


あるコーヒー豆の製造メーカーは1ヶ月くらいで賞味期限を設定していますし、


長い所では1年くらいで設定しているところもあります。


この期間の差は「賞味期限」という言葉の定義からきています。


「品質が保たれ、おいしく食べられます」という定義です。


美味しいと感じる範囲が曖昧なので、一概にはコーヒー豆の状態での賞味期限を言うことが難しいのですが、


あくまで目安として袋から未開封の場合には1年くらいで、開封後は1〜3ヶ月くらいをみると良い様です。


因みに、コーヒー粉の状態の賞味期限の目安は袋から未開封の場合には1年くらいで、


袋から開封後は2週間〜1ヶ月くらいをみると良い様です。


キズナ・コーヒーは、かなり保守的に期限設定をしていて、


珈琲豆で賞味期限2週間としていました。


これからAmazonでの出店にあたり、賞味期限を1ヶ月にしていく予定です。


その為に、珈琲豆のパッケージ(袋)の見直しや、購入者向けへの説明書を付け、分かり易く説明をします。


コーヒー豆は「湿気」「空気」「温度」「光」の4つに弱いので、保管するにはこの4つをうまく避ける必要があります。


オススメの保管方法は、できるだけ密閉されたコーヒー豆の袋もしくはお茶缶で冷凍庫に入れる保管です。


賞味期限を過ぎても珈琲豆は腐らないので、賞味期限後は

  • 消臭剤&除湿剤

  • 靴の消臭

として、利活用できます。


まとめとして、

  • 珈琲豆の賞味期限は1ヶ月

  • 飲む度に豆をひき、なるべく2週間以内で飲み切る

  • 賞味期限後は冷凍庫に保管

  • 3ヶ月過ぎたら、消臭剤として利活用

以上、珈琲豆の賞味期限の授業でした。


ネットで参考になる記事をまとめさせて頂きました。


珈琲豆は、まだまだポテンシャルが高く、キズナ・コーヒーの豆は比較しても相当いけています。


美味しさ、コスパの良さはTop10%に入るのではないでしょうか。


いつか珈琲豆のジャンルで「ベストセラー」になるのが夢です。


キズナ・コーヒーの利益は、利用者さんの給与となります。


ですから、私の夢は利用者さんの夢でも有ります。


夢を一緒に見る人の数が多ければ多いほど、夢の実現に近づきます。


時給500円、そして時給1,000円でB型事業所で日本一。


ワクワクが止まりません。




閲覧数:13回