猫カフェ保健所立会い無事完了!




昨日、長生保健所の現地立会いが行われ、設備要件を満たすことが確認され、


10日以内に営業許可証が発行される事になりました。


今月末から保護猫カフェKIZUNAをオープンすることが出来ます。


子猫6匹も漸く先輩5匹と同じ部屋に入り、チョウナンズ11の合宿が始まります。


メンバーの仕切りは、リーダーの小判がきっちりとやってくれそうです。


それにしても今月は保健所対応が多かったです。


とある方のチクリでアイスコーヒーが売れなくなり、始末書を提出したり、


ワンコin食堂の検便検査をしたり、


保護猫カフェの申請で何度も行ったりと。


色々とありましたが、この猫たちを見ていると、そんな苦労はふっとんでしまいます。


動物の癒しの効果は本当に凄いと感じました。


論文等でも、「猫と触れ合うとオキシトシンが分泌される」と言われていて、


猫をなでるなど直接的な接触をすると、人間はオキシトシンと呼ばれる心身に安らぎをもたらすホルモン

が分泌され、同時にコルチゾールと呼ばれるストレスホルモンが軽減します。

この2つの働きによって、副交感神経優位になり、心拍数が落ち着いて気持ちがリラックスするのです。

この気持ちが“癒される”と感じる理由です。

猫を見て“かわいい”という感情が生まれることも多いと思いますが、

特に猫の顔はベビースキーマと言われる人間が本能的にかわいいと感じる身体的特徴が当てはまります。

体に比べて頭が大きく、目が大きく、丸く、手足が短い。

人間の赤ちゃんもそうですよね。

触れなくても見るだけで“かわいい”と感じ、リラックス効果が得られるのです。

こんな可愛い猫が11匹もいてくれる保護猫カフェKIZUNA。


ここ長南町の癒しスポットとして観光客が増えていくことでしょう。


今後もチョウナンズ11の写真や動画をどんどんupしていきますのでお楽しみに!