top of page

生きてるだけで丸儲け



お笑いBIG3の1人、明石家さんまさんをを大好き!と言う方も沢山いらっしゃると思います。


彼の座右の銘で、色紙にもよく記していたという言葉が、この「生きてるだけで丸儲け」です。


1985年に日本航空123便が墜落事故を起こし、520名が犠牲になりました。


この便にさんまさんも搭乗予定でした。


ところが、収録が早く終わり、1便早めたため、九死に一生を得たというエピソードがあります。


生きてるだけで丸儲け」は、さんまさんが心の底から感じている気持ちなのでしょう。


大竹しのぶさんとの間に生まれたいまる(芸名IMALU)さんの名前もこの言葉から取られているそうです。


誰しも人生の中でうまくいくこと、うまくいかないこと、さまざまなことを経験します。


さんまさんは「生きてるだけで丸儲け」という言葉を何万回とファンのために書き続けることによって


自分自身へ暗示をかけていたのではないかと思います。


人間本来無一物」禅の言葉を、さんまさんは


人間生まれてきたときは裸。死ぬ時にパンツ一つはいてたら勝ちやないか


とも言っています。


だからこそ、40年も皆んなに愛されているんですね。


私も最近は、そんな考えで毎日生きています。


そうすると、日々の福ちゃんとの散歩や、里山の景色や、スタッフと利用者さんが毎日働いて頂くことに


感謝の気持ちが溢れてきます。


足りないと言う気持ちより、満ち足りていると言う幸福感で満ち足りてきます。


部屋は利用者さんと同じ22㎡の1ルーム、車は車検2年付き15万円のアルト、


マラソン大会で頂いたTシャツにユニクロのジーンズ、


一日一食500円の食事代、これで毎日十分幸せです。


体も心も健康で、家族もスタッフも利用者さんも動物たちも健康。


これだけで丸儲けです。


今日も楽しい1日になりそうです。





Comments


bottom of page