良い建設会社、悪い建設会社


不動産事業を始めて5年、千葉県で障がい者福祉事業を始めて2年経ちます。


その間、不動産会社は100社以上、建設会社も100社以上と接してきました。


一般の方以上にお会いしてきて、結論から言えば、8割の業者は「ぼったくり」です。


こちらを素人となめきって、とんでもない見積もりを出してきます。


カボチャの馬車事件に代表される様に、素人のサラリーマンや医者などを騙す詐欺事件は10年サイクルで続いています。


何故か?


不動産の購入、大規模修繕は1生に1度あるかどうかの体験なので、見極めができないからです。


また、仕様書も統一されていない為、比較が難しいからです。


それに付け込む業者が未だに多いのです。


全国の建設業許可業者数は、3年連続増の473,952業者、従業員数は、482万人


と全業種で圧倒的に多く、それ故、族議員も多く、癒着の多さも変わりません。


私自身も数多くの「ぼったくり」にあったり、あいそうになったりしました。


幸いにも、大規模修繕をしていただいたACE様始め、いい業者さんにも出会うことが出来ましたが、


やはり8割の業者さんは酷かったです。


茂原のオフィス・キズナの内装工事会社


長南町のKIZUNA HOMEのアンテナ工事会社(最後は良い会社でした)、水道工事会社、ガス会社等々


平気で「ぼったくり」の見積書・請求書を出し、拒否をすると、中には逆ギレする業者さんもいました。


若い頃、新宿歌舞伎町で「ぼったくり」にあった時がありました。


幸いにも、お店から逃げ出て交番に飛び込み難を逃れることが出来ました。


不動産・建設の「ぼったくり」は、先方も賢くなっている為、中々警察に行っても解決しません。


殆どが泣き寝入りになります。


では、どうすればいいか?


比較サイトや比較会社で必ず相見積もりを取ること。


そして、相見積もりの中から一番安い会社の「仕様書」をベースに再度相見積もりを取ること。


出来れば、詳しい知人に立ち会ってもらうこと。


最後に、業者さんとしっかり話をして、少しでも違和感があったら断ること。


その業者さん個人にもご家族がいる筈です。


子供に言えない事をしていたら心が痛む筈です。


どうか自分の心に問いかけてお仕事をしていただければと、切に願います。



閲覧数:30回