詩人・金子みすゞ


童謡詩人の巨星と称されながら、若くして世を去った詩人・金子みすゞ


国語の教科書などを通して、その珠玉の詩に心動かされたことがある、


という方はたくさんいることでしょう。


いま、なぜ金子みすゞの詩が注目を集めているのかというと、


それは「自分」という存在は自分以外の誰かがいて、初めて成り立っているという


基本的なことを思い出させてくれているからだと思います。


そのことを端的に表現しているのが、


子供たちに人気のある『私と小鳥と鈴と』という詩です。


私が両手をひろげても、

お空はちっとも飛べないが、

飛べる小鳥は私のように、

地面を速く走れない。

私がからだをゆすっても、

きれいな音は出ないけど、

あの鳴る鈴は私のように、

たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、

みんなちがって、みんないい。


宇宙空間にあるもの、地球上のすべてのものは同等の価値を持つとの考えから、


命のある、なしはまったく関係なく、どちらも尊いと訴えています。


みんなちがって、みんないい


本当は当たり前のことなのに、一つの基準で全ての価値を決めてしまいがちな現代において、


この言葉は人々の心に鋭く優しく響きます。


きっと、この言葉に救われる人も多いことでしょう。

価値や基準は一つではないのだ、たとえ一つの基準で劣っていても、私の価値は失われないのだ、


と思い出させてくれる言葉です。


オフィス・キズナで働き、グループホーム・キズナで住むしょうさん達の中で


もし悩んでいる人がいたら今一番送りたい詩です。

24回の閲覧