貯徳の時代


上場企業100社以上の個人大株主、個人資産数百億円以上の日本一の大投資家の竹田和平氏。


長年、上場企業社長の相談にのり成功の秘訣を説き、成果を上げ続けたことで、関わるものすべての花を咲かせる平成の花咲爺。


メンター(人生の師)という言葉がここ数年流行しているが、竹田和平氏は、上場企業の社長という何千人、何万人の社員の人生に影響を与える人のメンター役として長年支え続けてこられたメンターのメンター。


そんな和平さんが唱えていたのが、お金より大事なのは、徳と真心

今は、貯金では無く貯徳の時代

口癖は、


  • ありがとう

  • もったいない

  • おかげさま


そして、心を磨き現実を変えていくのに大切な三つは、

  1. 本気の心  

  2. 「ありがとう」という感謝の心  

  3. わくわくと楽しむ心

「わくわくは 喜びの光だ いいことばかり あらわれる  

わくわくは いのちの光だ すてきな 知恵があらわれる  

わくわくは 愛の光だ まことの自己が あらわれる」


高齢者、障がい者福祉スタッフに一番足りていないものは、このわくわくという気持ちでは無いか?


給料、新しいこと、将来の展望


KIZUNAのスタッフは感謝の心が浸透しつつある。


本気の心もある。


わくわくはまだこれからだ。


和平さんの本を読んで素晴らしい気付きを頂きました。