長南町から、きらめこう! ~自給自足と地方創生~


半年前から移住スカウトポータル「SMOUT」で長南町地方創生を一緒に行うメンバーを募集していました。


https://smout.jp/plans/3153


お陰様で61名もの方にご興味を持っていただき、現在3名の方のご協力を頂いております。


KIZUNA HOMEを梁山泊として、一緒に地方移住を考えよう!というプロジェクトでしたが、


この度刷新しました。


先ずプロジェクトの第一義として、


人生の目標を失いつつある若者(昨年の死因一位が自殺)やしょうさんと共に、


自給自足の生活を送りながらグランピング運営や好きな仕事を週に3~4日して、他の日は自由に遊ぶ。


自殺を考えるのは人生が楽しく無いから。


お金や人間関係や健康で悩み、明かりが見えなくなっての判断が殆どだと思います。


長南町は高齢化で農家や林業の後継者がおらず、放置された休耕田・畑・里山が沢山あります。


そこに若者やしょうさんが自給自足のために農業をし、家に必要な資材を調達し、


食べ物を自分たちで作り、家も自分たちで建てるのです。


自分一人ではなく、同じ目標を持った仲間と一緒に作るのです。


給料の為の我慢した仕事ではなく、自分たちが食べたい野菜や果物を作り、


自分が住みたい理想の家を数十万円で建てる。


高齢の農家が指導し、田んぼも畑も高齢者も皆んな彼らに感謝します。


こんな素晴らしい仕事でストレスが溜まることはありません。


移住協力者はこんな若者・しょうさんに加え、


彼らをサポートし指導したいというを持った人を募集する事にしました。


長南町役場にも以下の協力依頼をしています。


・休耕田・畑・里山のオーナーの紹介


・キャンプ場の提供


・地方移住の補助金を夫婦(現在最大200万円)だけではなく、シングルにも出して欲しい


地方移住のネックは、


・住む家があまり無い、古い


・働く職場が無い


・地元の人との人間関係


等がありますが、このプロジェクトで移住する人は


・住む家を補助金内で賄え、お釣りがくる


・グランピングやスモールビジネスを一緒にできる


・仕事は週の半分、残りは家族や友人と遊べる


・同じ志の仲間がいる


という素晴らしい環境で生活が出来ます。


勿論、私の様に都内とのデュアルライフも楽しめます。


このプロジェクトに参加して下さるメンバーを募集しています。


長南町から、きらめこう!