高齢者、障がい者施設向け展示会に行ってきました



先週、東京ビックサイトで開かれていた高齢者、障がい者施設向け展示会に行ってきました。


今度始めるバリアアリー・プラチナ・ハウスでパクれそうなサービスを探す為です。


多くは有りませんでしたが、参考になるサービスが有りました。


  • ハンド、フット、ビューティーマッサージ


  • eスポーツ


  • テープ絵


等々


出展者からは相当売り込まれましたが、全て自分達で出来そうなものばかりなので


内製化して取り組む予定です。


中には施設向けに儲け話を売込む会社も有り、残念な気持ちになりました。


高齢者や障がい者向けビジネスでこれだけ儲かるからコンサルで支援させて頂きます、


と言うサービスです。


私も起業仕立ての頃にそういった類の会社に騙されそうになりました。


彼らは対象のユーザーである高齢者や障がい者に対するサービス向上よりも、


事業経営者いや寧ろ自分達のメリットしか考えていません。


不動産仲間からも時折相談を受けますが、儲けだけを考えるなら参入はやめた方がいい、


とアドバイスします。


福祉事業は儲けだけ考えてはいけません。


かと言ってNPOや社会福祉財団が経営する儲けが下手な経営もいけません。


論語と算盤の様に、利用者さんの為に心から尽くしながらキチンと利益を出し続ける。


事業所が継続出来ないと利用者さんが困るからです。


福祉事業の良いところは、最初に利用者さんに何か良いことをし、


後で報酬を受け取る事です。


あくまでギブが先でテイクが後、まさにgive and takeなのです。


私は未だ無報酬では有りますが、暫くはギブアンドギブを続けます。


いや、私は彼らから笑顔を頂いています。


これ以上は無いテイクです。


  • ペットセラピー


  • 食レク


  • マッサージセラピー


彼らの笑顔を見るために、色々と考え、取り組むのは本当に楽しい。


有難いビジネスに導いてくれた母に改めて感謝します。







閲覧数:22回