top of page

100均、原型は江戸の「十九文見世」


値上げが相次ぐ昨今、家計にありがたい存在の100円ショップ(100均)。


「不景気に強い」とされる100円ショップは半世紀前に移動販売や催事販売から生まれ、


不況期に拡大してきた。


その原型となった均一価格店は江戸時代にまで遡ることができた。


「お江戸の意外な商売事情」などの著作がある歴史文筆家の中江克己さんは


「1722年(享保7年)~23年ごろの江戸時代中期に、何でも19文で売る『十九文見世』が誕生していた」


と話す。


十九文屋とも呼ばれ、くしやキセル、人形など雑貨品を19文均一で売っていた。


時期によって貨幣価値は変わるが「1文をおよそ25円とすると、19文は500円程度と考えられる」


と中江さんは解説する。


幕府の「享保の改革」の下、質素・倹約が求められていた。


「今でいうデフレ不況にあったこともあり、安くお得感があった十九文見世が繁盛した」(中江さん)


私は、家や車やショッピングなどの贅沢はしませんが、


唯一の贅沢は、この100均での買い物です。


生活向上委員会と勝手に命名して、キッチン周りや収納やリペアなどで、


毎週100均での買い物をしています。


当たりもありますが、ハズレも有ります。


それでも、いーーんです。


ハズレでも100均。


当たっても100均。


楽しいお買い物。


時代は変わっても、消費者心理は変わらないんですね。





閲覧数:14回
bottom of page