top of page

1st quater終了

今日で早くも1st quater、1年の1/4が終了です。


毎年毎年感じますが、特に年初の3ヶ月は早く感じます。


前職では特に、1月1日付けで組織変更、人事異動があり、


年間目標、年間方針が通達され、新しいお客様に挨拶して、旧お客様を引き継ぎし、


年間の活動計画を発表し、目標の達成を毎週指導され、といった日々を過ごしていました。


起業してからは、のんびりとしていますが、それでも毎月の給料日を起点に早く感じます。


名著「モモ」にこんな一説があります。


時間をはかるにはカレンダーや時計がありますが、はかってみたところであまり意味はありません。


というのは、だれでも知っているとおり、その時間にどんなことがあったかによって、


わずか一時間でも永遠の長さに感じられることもあれば、ほんの一瞬と思えることもあるからです。


なぜなら時間とは、生きるということ、そのものだからです。


そして人のいのちは心を住みかとしているからです。


当時、時間効率主義が主流の時代に痛烈な皮肉を投げかけています。


前職時代の私も全く同様でした。


無駄な時間、無駄な事を極力嫌いな時間効率主義者そのものでした。


今も若干そう言う所は有りますが、随分と変わってきました。


効率よりも、その日その時間の体験を重視する様になってきました。


カレンダーにびっしりと予定が埋まっているよりも、1時間でも誰かのために何かをした事、


それを大切にする様になってきました。


モモちゃん、おじさん少しは成長したかなぁ?

閲覧数:34回

Kommentare


bottom of page