イマジン


想像してごらん

天国なんて存在しないと

やってみれば簡単さ

僕らの下には地獄もない

上にあるのは空だけ

想像してごらんよ

みんなが今日一日のために生きている姿を

想像してごらん 国家なんて存在しないと

難しいことではないさ

殺したり命を捧げることもない

そして宗教もないと

想像してごらんよ

みんなが平和に暮らしている光景を

君は僕を夢想家だと言うかもしれない

でも僕一人ではないさ

いつか君も仲間に加わることを願っている

そして世界は一つになるんだ

想像してごらん

所有物なんて存在しないと

君にはできるかな

欲深くなる必要はない

人類みんなが兄弟であれば

想像してごらんよ

みんなで世界を分かち合っている現実を

君は僕を夢想家だと言うかもしれない

でも僕一人ではない

いつか君も仲間に加わることを願っている

そして世界は一つとして生きるんだ


ジョンレノンが亡くなって、40年が過ぎました。


このイマジンは1971年に発売なので、既に50年が経っていますが、


ジョンのメッセージ、人類愛平和を勧める歌として


国家宗教所有欲によって起こる対立や憎悪を無意味なものとし、


曲を聴く人自身もこの曲のユートピア的な世界を思い描き共有すれば世界は変わる、


と訴えかける。


長南町から、きらめこう


の地方創生プロジェクトが目指すところは


食べ物は地元の農家から借りた田んぼと畑から皆んなで育てて採り、


住む家は地元の里山からの資材を使い自分たちで建て、


電気は太陽光、水道は井戸、火力は薪


でイマジンでジョンが想像した自給自足の自然と共存する生き方です。


想像してごらん

所有物なんて存在しないと

君にはできるかな

欲深くなる必要はない

人類みんなが兄弟であれば

想像してごらんよ

みんなで世界を分かち合っている現実を


君は僕を夢想家だと言うかもしれない

でも僕一人ではない

いつか君も仲間に加わることを願っている

そして世界は一つとして生きるんだ