top of page

五月晴れ

皆様、「五月晴れ」は何故梅雨時の6月に言うのか分かりますか?


「五月晴れ」の読み方は「さつきばれ」です。


「さつき」は旧暦・陰暦による5月の呼び名で、旧暦の5月は新暦だと6月から7月頃、


梅雨の時期に相当します。


五月晴れの本来の意味は、梅雨の季節に晴れ間が出るときのことでした。


「今日は珍しく五月晴れなので、洗濯物を外に干しても大丈夫そうです」


などと梅雨の季節に表現するのが、本来の正しい使い方です。


世の中、不思議な事を不思議と思わない事が意外と多いです。


これは、一種の洗脳かもしれません。


子供の頃から、親や学校に教えられた事をそのまま受け入れ、マスコミの流す情報を受け入れて、疑いも無く信じた結果です。


今は、分からない事が有れば、スマホでその場で調べられます。


そして、ネットが教えてくれます。


こんな良い時代は有りません。


だからこそ、少しでも不思議に思った事、理不尽に思った事が有れば、どんどん調べていきましょう。


世間で常識と言われてる事を一度リセットして、新しい目で見直してみませんか。


新しい景色が見れるかもしれません。



閲覧数:17回
bottom of page