top of page

働く意味

自分が汗を流すことで、まわりの人の役に立ち、喜びを与えることを「働く」といいます。


「はた(周囲)」を「楽」にするので「はたらく」です。


「はた迷惑」の反対語が「働く」です。


「働く」という言葉には、お金を得るとか報酬を得るという意味はありません。  


また、「仕事」という言葉は「事」に「お仕えする」と書きます。


「事にお仕えする」とはどういうことかというと、「喜ばれること」に「お仕えする」ということです。


ですからこの言葉にも、収入や報酬を得るという概念はありません。  


人間の仕事の本質はお金を稼ぐことではなく、自分がいかに喜ばれる存在になるか、ということです。


それは「いかにたくさん頼まれごとがくる人になるか」ということにつきます。


そのように喜ばれる存在であり続ければ、商売的には必ず栄えていくのです。


これは、小林正観さんの定義する「働く」です。


月曜日は特に、何の為に働くんだろう、と考えさせられる曜日です。


自分の為に、毎日家事をしてくれる奥様に、

家族皆んなが働く事に感謝していきましょう。

閲覧数:30回

Comments


bottom of page