「幸せ」の正体、四つの力とは


幸福学の第一人者である前野隆司さんは、因子分析という手法を使って、


幸福度を高める4つの因子(=結果を引き起こす原因)を導き出しました。


さて、その因子とは!? 


前野先生の「幸福なお話」が続きます。


「1つ目の因子は『やってみよう!』因子


自己実現と成長の因子です。


ここでいう自己実現とは、やりたいことをやってわくわくすること。


仕事でも趣味でもボランティアでも構いません。


やりたかった仕事に従事しているとか、集中してがんばれることがあったり、


夢や目標を実現しようとしている人は幸福です」


第2の因子は「ありがとう!」因子です。


他者と積極的に接し、人に感謝し、他人との関係で幸福を得ている人は幸福度が高くなります。


「感謝すると優しい気持ちになりますよね。


社内外に友人がいるとか年齢も多彩という方のほうが幸福度が高いですね」


利他性と幸福との関係も見逃せません。


社会貢献をしている人ほど幸福度が高いのです。


第3の因子は「なんとかなる!」因子


楽観的で気持ちの切り替えが早い。


こうした人は幸福度が上がります。


「この場合の楽観とは、五輪の選手のようにやるべきことをやって後は楽しむという前向きな考え方。


製品やサービスを営業するときも、前向きに説明すると幸福度が上がって、お客さんも気持ちよくなる。


幸福は人にうつるという研究もありますからね」


最後4つ目の因子は、本来の自分をよくわかっていて自分らしくふるまう「ありのまま!」因子


人の目を気にせず、人との比較に陥らず、本来の自分のままに行動できる人は幸福なのです。


1.『やってみよう!』


2.「ありがとう!」


3.「なんとかなる!」


4.「ありのまま!」


これをKIZUNAで振り返ると、


平均時給500円を目指して、『やってみよう!』を全員で日々行動しています


KIZUNAのモットーは、「ありがとう!」を含む「そ(掃除)・え(笑顔)・か(感謝)」


日々色んなことが起きますが、「なんとかなる!」のマインドで乗り切っています


そして、これは最も重要な本来の自分らしく、「ありのまま!」でしょうさんとスタッフが接しています


KIZUNA4つの因子を持って生活していることが判りました。


だから毎日ワクワクで幸せなんだ!


前野教授、有難うございます!