キッチンカーの成功確率は15%


昨日、キッチンカーの専門家と打合せをさせて頂きました。


かなりお詳しい方で、色々と学ばせて頂きました。


例えば、6/1より食品衛生法の改正による変更があり、キッチンカーの設備基準も全国で統一されるなど大きく変わります。


Olympicの訪日対応で食品もGlobal対応になるからです。


そして、衝撃だったのが、キッチンカー・ビジネスの成功確率です。


なななんと15%だそうです。


この数字を知っていたら、あなたなら参入しますか?


何故こんなに低いのでしょうか?


私の仮説は以下の通りです。


1. 最初の設備投資(キッチンカー)にお金を掛けすぎる


2. 本来の食(メニュー)への拘りが薄い


3. 儲かりそう、楽しそうという理由だけで安易に参入している (つまり、戦略が無い)


他にも有りそうですが、数名のキッチンカー・オーナーと会話して感じた事です。


1は、今ブームという事もあり、売り手側が強気でぼったくりに近い値段で売っていて、


車体も改造費用も高く、200~300万円かけているオーナーさんが多いです。


これでは、回収に時間がかかり、運転資金に余裕が無くなり廃業になり易いです。


ここは、見た目はしょぼくても、思いっきり安いキッチンカーで始めるべきです。


2は、本来拘るべきところですが、元々調理の素人が多く安易で誰でも出来るメニューで始める方が多く、


イベントや出店先で被りや差別化が出来ていない方が多い様に感じます。


3は、ビジネスで一番重要な所です。


誰にどんな価値を届けるのか?


その人がこのメニューでどんな喜びを感じるのか?


というマーケティングの基本を考えずに参入されている方が殆どなのでは無いでしょうか。


私は参入を決めましたので、これを聞いたからといって辞めません。


ただ失敗をしない為の準備をします。


その為には、失敗の仮説3つをしないように、


1. 最初の設備投資(キッチンカー)にお金を掛けない


2. 本来の食(メニュー)への拘りを持つ


3. 戦略を最初に作って始める


この3つを実践します。


そして、うまく行ったら他のキッチンカー・オーナーと成功・失敗体験を共有していきます。


7月からは始めたいと思っていますので、このブログで結果をご報告します。