人生100年を考える ~ワクワクを創れるか~


6月、世界最高齢で単独無寄港の太平洋横断に成功した海洋冒険家、堀江謙一(83)さん。


計69日にわたる冒険を終えた今、堀江氏の胸をよぎるのは「北斗七星が舞い降りてくるような」海面に映る星の輝きだ。


またワクワクしてみたい。


海に魅了され、60年以上が過ぎ、以来チャレンジすること計12回。世界一周も3回成功。


挑み続けるのはなぜか。答えはシンプル。


「背伸びして届くくらいの目標を設定し、そこに向かってまい進することが楽しいから」


堀江氏は帰国後「青春まっただ中。生涯チャレンジャーでいたい」と語っています。


目標なくして人生なし」。100歳での航海も視野に入れる。


以前ブログで書いた堀江さんの記事です。


今月は温故知新の月と決め、数十年来の旧友と久々の飲み会をしています。


人生100年時代の半ばを過ぎた先輩や友人が、現在どんな事をして、どんな考えをして、


残りの人生をどう考えているのかを夫々に聞いてみました。


ワクワク人生を生きようとしている人は1~2割。


殆どは、何をしようか?ワクワクどころか、楽しい未来を描けていません。


何故これほどまでに違いが出るのかは私には判りません。


夢中になるのに理由はいりません、自らのワクワクを大事にする姿勢にあると思います。


さあ、あなたはどうしますか。

閲覧数:27回