吾唯足るを知る(われ、ただたるをしる)


昨日、近所の整形外科に行って驚きました。


オープンの15分前に行ったら、50台以上の駐車場満車、待合室は50人以上の人で溢れていました。


お年寄りが9割で、殆どが毎日リハビリマシーンに来ている方のようでした。


人間は重力に逆らって、重い頭を支えながら二本足で何十年も立っています。


首や腰が少し痛くなるのは当たり前。


それが、少し腰が痛い、首が痛い、と言って暇潰しのように病院に行くのは如何なものでしょうか。


中には、本当に重症で行かれる方もいらっしゃるでしょうが、殆どは健康そうに世間話をしていました。


吾唯足るを知る


首が少し痛く立って、他の足腰や手が元氣であれば、他の体に有難う


腰が少し痛く立って、他の足や手が元氣であれば、他の体に有難う


肩が少し痛く立って、他の首や手が元氣であれば、他の体に有難う


足りないところより、足りているところ(今)に感謝する。


現状感謝


お金が多少なくても、今の日本でご飯が食べれない人はいません。


ご飯が食べれて有難う。


お金が多少なくても、今の日本で服を着れない人はいません。


服を着れて有難う。


お金が多少なくても、今の日本で家に住めない人はいません。


家に住めて有難う。


体が痛い事、お金がない事、子供が言うことを聞かない事、旦那の稼ぎが悪い事、


職場の人間関係が悪い事、結婚相手がいない事、交通渋滞、天気等々


思い通りにならないことを、お釈迦様は「」と呼びました。


」に、不満を言ってストレスをためるより、今の状況に感謝して生きましょう。


ぎゃーてい、ぎゃーてい、レッツゴ〜!




閲覧数:23回