top of page

在宅ワーク(リモートワーク)始まりました


障がい者就労継続支援B型の「オフィス・キズナ」では、昨年から「在宅就労」所謂リモートワーク


昨年から行っていましたが、指導するスタッフが不在で実質有名無実化していました。


そのリモートワークを今週から再開しました。


新しいスタッフがホームページ制作のスキルと意欲があったからです。


調べによると、同じB型でリモートワークをしている事業所は全体の13%もあるようです。


障がい者の在宅就労の歴史は意外に古く2006年からです。


ただ数が増えたのは新型コロナ以降です。


弊社は新型コロナ発生と共に起業しているので、自然とそう言う発想になりました。


就労継続支援B型で、まだまだリモートワークが少ない理由は

  1. 指導できるスタッフがいない

  2. リモートワーク出来る仕事がない

  3. リモートワーク出来る利用者さんがいない若しくは少ない

だと思います。


弊社としては2度目のチャレンジとなりますが、今回はこの1と2が揃いましたので、


広がっていくと確信しています。


何より、

  • 利用者さんが在宅で働ける

  • スキルアップに繋がる

  • 給料が増える

というメリット・喜びがあるからです。


「モノやサービスの値段は有難うの数


だとするならば、このリモートワークは小規模企業からの有難う、利用者さんの有難うが沢山詰まったプロジェクト。


だからこそ、成功すると確信しています。



閲覧数:28回
bottom of page