子供の頃の夢と現実


小学生がなりたい職業トップ10の最新版です。


男子10位の会社員以外はスポーツ、芸能、医療、パティシエといった夢の職業です。


現実はと言うと、


88%が会社員です。


会社員も夢が無い訳では有りませんが、高校大学卒業後に面接をしてそのまま就職


という人が多いと思います。


そして多くのサラリーマンは、宝くじや投資で成功して脱サラを夢見ています。


そして、ほんの一部の人が夢の実現に向けて起業しています。


何故こんなにも起業する割合が低いのか?


それは、失敗が怖いからでは無いでしょうか。


特に、扶養家族がいたり、家のローンがあったりする人は、


収入が無くなると食べれなくなるからです。


では、家のローンが無く、家賃がかからず、自給自足出来て、


月5〜10万円程稼げればいい起業でしたらどうでしょうか?


パン屋さんやケーキ屋さんであれば、1日5,000〜10,000円で月10日働くだけ。


こんな起業で有れば、リスクが殆ど有りません。


そんな事どうやって出来るの?と思われるかもしれませんしれません。


これを実現できるのが、


ローカルベンチャー


です。


長南町の様な人口がどんどん減ってきている過疎の市町村で起業するのです。


何故か?


ー 土地が安い


ー 移住金が出る


ー 競合店が無い、例えば長南町にはパン屋は一軒も有りません


ー 田んぼや畑が余っていて、タダ同然で借りれる


どうでしょうか?


マーケットサイズは都心に比べればかなり小さいですが、目標を5〜10万円にする事で


かなり成功確率を高めることが可能です。


先般ご紹介した西粟倉村のエーゼロさんは、10年で年商10億円とかなり規模が大きく


ここまで成長させるのはハードルが高いですが、自給自足し目標値を下げる事で現実的に出来るんです。


ローカルベンチャーで自分の夢を実現し、地方創生に繋がる


こんな志を持った人が今後増えていく気がしています。

33回の閲覧