年をとってもやったことのないことを始める


聖路加国際病院 医師 故日野原 重明さんの名言の一つです。


もうこの年だから、英語の勉強をしたり、


あるいはコンピュータを習ったりしてもしょうがないと言うのではなく、


70、80、90になってもやったことがないことを始める。


いま私(日野原)がやっているのは、FacebookをするためにiPadの練習をすることです。


マルティン・ブーバーというユダヤ系の哲学者はこう言っています。

「人は創めることを忘れなければ、いつまでも若くある」

人間の脳は、本当に不思議なもので、使えば使うほど活性化する。

希望を持って生きるということについて少しお話ししたいと思います。


私は10歳の時、『青い鳥』の劇をしました。


主人公のチルチルとミチルが幸福の象徴である


青い鳥を探し求めるんですけど、どこにもいない。


ところが、家に帰ると青い鳥がいた。幸福は外ではなく、


自分の身近なところにあるというのがメーテルリンクの有名な戯曲ですね。

だから、病気を抱えていても、経済的に貧しくても、


幸福はいつも自分の心の中にあるんだな。



如何でしょうか?


日野原さんの素晴らしい考え方、心の持ち方


だからこそ、あれ程までに人に慕われ、愛され、長生きをされました。


私は今年で58歳、予定では後50年生きます。


やりたいことがまだまだ沢山あり、


人生やりたい事リストで残り80弱あります。


今年の目標は、


・しょうさんの時給500円 (全国平均 150円、弊社現在 250円)


星Fullグランピング・キズナ事業立上げ


・しょうさんアプリ開発&HP制作開始


・娘とオリンピックを観る


キッチンカーでカレーナンを販売する *ワンコin食堂では既に販売中、近々にキズナ・コーヒーでも販売


等々です。


これらは全て一人では出来ません。


一緒に夢を実現して頂けるしょうさんとスタッフを募集しています。