top of page

愛犬エルの墓石


日曜日に家族で愛犬エルの墓石をKIZUNA HOMEの山に置きました。


納骨と桜の植樹も行いました。


愛犬エルが癌で亡くなって早11ヶ月、間もなく1年になります。


中々踏ん切りがつかず、骨を部屋に置いたままでしたが、漸く納骨することが出来ました。


墓石のメッセージは


私のいない明日が来たら、


私たちが離れ離れになるって決して思わないで。


あなたが私を思う時はいつでも、


わたしはすぐそばに、あなたの心にいるのだから。


これは、33歳の時、乳がんで余命6ヶ月と宣告されたMonicaさんという方が1999年7月29日に亡くなり、


その一周忌に夫のSean A. Cohenさんによって寄せられた詩の一部です。


エルはいつでも私の心にいます。


片時も離れません。


そして、私がこの世を旅立った時に、虹の橋で待ってます。


分かり易い様に、エルの墓石の上のコンクリート壁に虹の橋を描く予定です。


後50年、あっという間だよ、待っててよ愛するエルよ。

閲覧数:30回
bottom of page