top of page

犬の幸せとは? 愛犬の幸せ度をチェックする10の質問

保護犬の福ちゃんを引取り2年が経ち、毎朝の散歩で福ちゃんは名前の通り幸せだなぁと思うことが多く有ります。


そこで、客観的に評価をしてみました。


Aが多いほど、幸せ度が高いそうです。


1.愛犬の名前を呼んだ時

A)目を輝かせてあなたのほうを見る、または駆け寄ってくる。

B)一応あなたのほうを見るが、耳が後ろに倒れていたり、体が硬くなっていたり、または視線を合わせようとしない。


2.「スワレ」「フセ」などのコマンドを与えた時

A)嬉々としてコマンドに従う。

B)動作が遅い。目がしょぼしょぼしていて遠くを見るような活気のない目つきながら、一応コマンドには応える。


3.愛犬が一緒に遊べる友達犬

A)遊べる友達犬がいる。

B)遊べる友達犬はいない。


4.散歩やお出かけ

A)散歩は頻繁に出かける。なおかつ、走ったり遊んだりできるよう心がけている。旅行やドライブにもチャンスがあれば出かける。

B)散歩はまちまち、あまり行かない、行っても距離や時間が短い。旅行やドライブには行かない、行っても愛犬は留守番をさせるのみ。


5.食事

A)愛犬の健康を考えた手作り食、または内容を吟味したフードを使用している。

B)こだわりはない、とにかく安ければいい。


6.グルーミングや健康チェック

A)できる限り自分で手入れをする。清潔を心がけ、皮膚の状態はもちろん、健康チェックは欠かさない。

B)自分ではできない、いつもサロンに頼む。気がつくと毛玉だらけになっており、サロンや動物病院などで皮膚や体の異常を指摘されて初めて気づくことが多い。


7.愛犬の寝場所

A)ゆったり動けるだけのスペースは確保してあり、ベッドや敷物、トイレなどはまめに掃除洗濯をする。

B)ぎりぎり動けるだけのスペースしかない。あまり掃除はしない。


8.生活スペース

A)愛犬用のスペースや、愛犬は入れない場所、時間帯などを設けている。

B)どこでも自由にさせている。


9.留守番

A)連れて行けるところにはなるべく一緒に連れて行くようにし、留守番をさせる際には留守中のことにも気を配っている。

B)留守番をさせることが多く、愛犬と接触する時間が少ない。


10.犬のことについて

A)犬と暮らす以上、犬がどういう動物なのか知る努力をしている。

B)勉強するのも億劫であり、時間もなく、これといった勉強はしていない。


福ちゃんは90%でした。


友達犬はいませんが、やはり、幸せ者です。

閲覧数:35回

Comments


bottom of page