経営は決断


起業前から現在に至るまでの約1年。


ひよっこ経営者なりに一番大事だなぁと思っている事が「決断」です。


文字通り決めて断ち切る事。


簡単な様で実は一番難しいのが断ち切る事。


会社を辞める時がそうでした、定年まであとたった4年、定年になってから起業したら。。。


母が脳死状態になった時、延命するかを悩みました。


長南町の物件に出会った時、10年以上も誰も住んでいないこんな田舎で人は集まるの?融資は出るの?


しょうさん福祉業界に参入するか悩んでいた時、不動産だけならもっと楽だよ。


等々


大小様々な決断をして来ました。


悩んだ時の判断基準は困難な方を選ぶです。


何故なら、それで失敗しても後悔はしないし、うまくいった時の喜びは大きい


逆に、楽な方を選んで失敗したときは非常に後悔し、うまくいってもあまり嬉しくない


今でも一番難しいのはに関する決断です。


採用や人事、しょうさんの出処進退などです。


とどめる方が楽なのは知っていますが、これも困難を選んでいきます。


短期的視点や本人だけを考える人から見るととどめる意見が多いのですが、


長期的視点と本人を含む全体を考えると出る方が結果的に良い事が多い様に思います。


身近にチコちゃんやドラえもんがいたら楽なんでしょうが


私みたいな人間は楽をしすぎると駄目駄目になっていきます。


経営者にトライアスロンやマラソンランナーが多い理由はこの辺にあるのでしょうか。

86回の閲覧