High光(廃校) 活用プロジェクト


私が今最も力を入れているのは写真のHigh光(廃校) 活用プロジェクトです。


これは私が長南町に来て福祉事業を始めて感じた3つのMottainai(もったいない)を利活用するものです。


1. しょうさん含む働いていない若者や主婦や高齢者


2. 休耕田・畑・里山


3. 廃校小学校や古民家


1に関しては、しょうさんだけで900万人中働いているのは約50%


450万人もの雇用が埋もれています。


働いていない、もしくは楽しく働いていない若者を含めたら1,000万人を超えるでしょう。


高齢化で労働者人口が減り、外国人に頼ろうとしていますが、脚下照顧です。


彼らに喜働を知っていただければ十二分に補えます。


2に関しては、聞くと見るでは大違いで日々散歩・ジョグをしていると本当に多いのが判ります。


長南町だけでも数十いや数百haはあります。


放置していると雑草が生え、土が死んでいきます。


里山もしかりです。


ここを無料で借りる代わりに、田んぼ・畑・里山を復活させ、自給自足の食材・資材とします。


3に関しても、10年以上放置されていたり、利活用されているものの、集客に苦労し、儲かっていない小学校が多く見受けられます。


修繕にお金をかけ過ぎては、何の為の利活用プロジェクトか判りません。


我々はこれをアースバック工法の家を中心として、自分たちで建てることによりローコスト運営をするのです。


水光熱も全て自然からのものを活用します。


地方は都会と違い何もありませんが、上記3つは都会に負けません。


田舎は何も無いのがいい。Iinaka = いい仲です。


そもそも何故やりたくも無い仕事を週5日も働くのでしょう。


ほとんどが生活費の為です。


生活費の半分以上は、住居・食料・水光熱費です。


もしこれがタダになったら?


そうです、働く日は半分ですむのです。


人口が減ってきているIinakaに人口も増え、若者によるSmall Businessも生まれ雇用も創出できます。


High光(廃校)もグランピングで人が溢れることで、輝きを取り戻します。


ここに住みたいという移住者も徐々に増えてきて、町も輝きを取り戻します。


休耕の田んぼ・畑・里山も輝きを取り戻します。


このプロジェクトには既に100名を超える人が興味を持ち、20名以上から応募が来ています。


https://smout.jp/plans/3153


一人二人では困難なプロジェクトでも、こんな仲間がいれば成し遂げられると確信しています。


このプロジェクトの仲間を募集しています。


一緒にきらめきましょう。