スーツケース1個、ノマドワーカーで軽く生きよう


私が今サラリーマンだったら、恐らくしていただろう生活。


ノマドワーカーだ。今はワーケーションという言葉を使う方が多いかもしれない。


スーツケース1個で日本各地を転々と旅をしながら、時々働くスタイル。


リモートワークOKの会社・仕事であれば、どこで働いてもOK。


最小限の着替えとノートPCとスマホが有れば、どこでも仕事と生活ができます。


但し、ネックになるのが宿泊・移動の費用。


移動を月に1回にすれば、1〜2万円で済む。


宿泊は幸いにも色んな便利なサブスクが誕生してきている。


Addressは、月4.4万円で日本全国210箇所の宿泊施設(民泊に近い)を泊まり歩けます。


goodroom ホテルパスは、月額6.98万円からホテル暮らしができる“ホテルのサブスクリプションです。


現地の人との触れ合いも求めるなら、Address。


一人とホテルライフを楽しむなら、ホテルパスがお勧めだ。


私なら、Addressを選んでいただろう。


毎月5~6万円で日本全国の旅行をしながら仕事をする。


こんな生活で有れば、毎週月曜もワクワクと仕事ができますよね。


都内の一人暮らしで有れば、家賃・光熱費で12万円前後はかかります。


家具・家電やいらない服・小物をメルカリで売って、スーツケース1個に収める。


固定費も半分になる究極のミニマリスト・スタイルです。


人間本来無一物


サラリーマンよ、目覚めよ!


いらないものを捨てて、ノマドになることで、カラダもココロも軽くなりましょうぜ。

閲覧数:29回