ソロ活と地方移住


色んなソロ活が流行っている。


新型コロナの影響で人と接しない時間が増えたことと、無理に人と時間や空間を共有することに疲れている自分に気づき、正直になってきたからでは無いだろうか。


ドラマで楽しそうにしている主人公を見て、勇気づけられてソロ活を始める女子が特に増えているようだ。


DIME最新号でソロ活の特集があり、その多様さと同時に驚いたことがある。


そう、ソロ活に適した場所は都心ではなく、田舎であることだ。


近隣に当てはめてみると、以下の通り見事にはまりました。


ソロキャン 大多喜・睦沢他多数


ソロ釣り 大多喜・白子


ソロゴルフ 長南・茂原・市原・大多喜


低山ハイク 長南・睦沢・大多喜


農業体験 長南・睦沢・大多喜 


レーシングカート 茂原


SUP 一宮


ドローン 長南


ソロ秘湯 大多喜


人気のソロ活は、この近隣で全て出来る。


ソロ活のポイントは混んでいないこと。


それもピッタリだ。


しかも、ここを拠点にすれば、全て車で30分以内で渋滞が全く無い。


都心から1時間で、おひとり様を楽しむのに、これほどぴったりな場所を他に知らない。


穴場すぎるから、まだ混まないのだ。


地元の役場観光課は、この埋もれた資源が誰にとって嬉しいのかを知らない。


だから、的外れなマーケティングしかしていないのだ。


私なら、ソロ活の20~30代女子をターゲットにしたキャンペーンに予算を集中する。


長キラのテーマがまたひとつ増えました。





閲覧数:27回